ABF8/28-灰化炉 再燃焼装置付

 ABF-灰化炉 再燃焼装置付は、再燃焼装置を付属した灰化炉で、堅牢な設計になっています。灰化炉の主要アプリケーションは、灰化残留物の分析・燃焼試料の重量測定・貴金属の復元などがあります。灰化プロセスにおいて、人体に有害なガスを発生させる試料があります。ABFは、これらのガスを再燃焼させます。再燃焼装置は、試料中炭素を40gを燃焼します。


ABFは、プラスチック絶縁ケーブル・金属ブランク・PCB樹脂のようなリサイクル材料の灰化に最適です。

特徴:

  • 最大温度800℃
  • 炉内容積:28L
  • 950 ° Cで試料発生ガスを再燃焼
  • 発熱体はシリコンカーバイドを使用
  • 3216P1で8セグメント(温度昇降・温度保持)まで設定可能
  • 灰化処理後の重量分析に最適

 


 

back